ドラマ 俳優

「偽装の夫婦」天海祐希,沢村一樹,遊川和彦,日本テレビ


くだらない世間に背を向け、本だけをこよなく愛する図書館司書・嘉門ヒロ(天海祐希)。
彼女は幼い頃から、美しい上に何をやらせても完璧にこなす才能を持っているがゆえに人に妬まれ、疎んじられてきたことで人間嫌いになってしまった。
そして今は、いつも穏やかな笑みを浮かべながら、心の中で周囲の人々に悪態をつく毎日。
すでに両親も亡くしているヒロは、古いアパートの一室で大量の本に囲まれて孤独な生活を貫いていた。
ある日、ヒロは図書館で幼稚園児たちに絵本の読み聞かせをすることに。
そんな彼女を見つめる人物がいた。
それは、ヒロのかつての恋人・陽村超治(沢村一樹)。
超治は、幼稚園の園長代理を務めていた。ヒロは、超治と25年ぶりに再会。
25年前、超治はヒロの前から突然姿を消し、二人の関係は終わった。
ヒロは、超治がなぜ自分を捨てたのか、長年気にかかっていた。
その晩、ヒロは超治から「頼みごとがあるから、ゆっくり話したい」と言われ、喫茶店に呼び出される。
ヒロが思い切って25年前の別れの理由を尋ねると、超治は自分がゲイだと告白。
彼は、ヒロと付き合ったお蔭でゲイと自覚し、正直に生きる決心がついたのだという。
その告白に、ヒロは衝撃を受ける。さらに超治は、偽装結婚してほしいとヒロに頼む。
ガンで余命半年と宣告された母親を、亡くなる前に安心させたいのだという。
ヒロは、あまりにも唐突で身勝手な超治の申し出を拒絶する。
そんな中、ヒロの部屋の床が、大量の本の重さで抜けてしまう。
ヒロは弁償のためにアパートの大家から300万円を請求されるが、ヒロの貯金では足らなかった。
ヒロは、住む家を失って借金まで背負ってしまう。
ヒロが途方に暮れていると、超治から電話が来る。
超治は、面倒な相手と会わなければならないので同席してほしいとヒロに頼む。
付き合ってくれれば300万円を貸すと言われたヒロは、超治と一緒にその相手との待ち合わせ場所へ。
そこに現れたのは、超治の母・華苗(富司純子)だった…。
http://www.ntv.co.jp/fake/
 
「偽装の夫婦」 [Blu-ray]

-ドラマ, 俳優
-